忍者ブログ
競馬予想 無料 5月 京都競馬場開催 京都ハイジャンプについての情報掲載☆レースデータ分析も公開中!
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

競馬予想 無料 京都ハイジャンプ 歴史


  • 1999年
    • 京都競馬場の障害・芝3930mの4歳(現3歳)以上の別定の混合の重賞(J・GII)競走、京都ハイジャンプとして創設。
    • 出走馬13頭の内、下記の7頭が落馬(括弧内は騎乗騎手)。7頭の落馬はJRAの障害競走では史上初。
メイショウデンセツ(白浜雄造)、マジックサークル(白坂聡)、イチバンリュウ(金折知則)、クラウドクロス(林満明)、リンクローレル(合谷喜壮)、ロングイカロス(植野貴也)、ポリッシュボーイ(牧田和弥)
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
  • 2009年
    • 開催時期を11月から5月に変更。それに伴い、出走条件も「3歳以上」から「4歳以上」に変更。
    • 4歳の基本負担斤量が60キロから59キロに変更。



競馬予想
競馬予想 無料
競馬予想 無料 ゲーム
PR
競馬予想 無料 京都ハイジャンプ 出走資格と賞金


・出走条件は、2008年まではサラ系3歳(旧4歳)以上、
2009年からは4歳以上のJRA所属の競走馬(外国産馬を含む)。


・負担斤量条件はグレード別定重量で、
4歳は59キロ、5歳以上は60キロ、牝馬は2キロ減を基本とし、
更に過去J・GI優勝馬は3キロ、過去J・GII優勝馬は2キロの負担重量が課せられるよう定められている。



・総額賞金
は9,550万円で、
1着賞金5,000万円、2着賞金2,000万円、3着賞金1,300万円、
4着賞金750万円、5着賞金500万円と定められている。




競馬予想
競馬予想 無料
競馬予想 無料 ゲーム

競馬予想 無料 京都ハイジャンプ 概要


1953年に障害の重賞競走として創設され、
年2回施行されていた京都大障害の秋の競走を前身とし、
1998年の第91回競走を最後に廃止された京都大障害(秋)を機能的に引き継ぐ形で、
1999年に障害競走にグレード制が施行されたと同時に新設された。


なお、京都大障害(春)は同年に新設された京都ジャンプステークス(2009年より11月に施行)に引き継がれている。


2008年までは12月に施行される中山大障害へ向けての前哨戦となっており、
2005年優勝のテイエムドラゴンは同年の中山大障害で優勝している。

有力馬は中山大障害と施行場が同じであるイルミネーションジャンプステークスに出走するケースもあり、
出走頭数が少なくなる年度も多かった。


京都ジャンプステークスとともに重賞競走用の「大障害コース」を通過するコースで施行され、高さ1.5m、幅2.9m(この幅はJRAの開催する障害競走の中で水濠障害を除いては最も長い)の大生垣、
高低差0.8m、長さ15.9mのバンケット
(飛び上がり飛び下り台=以前の愛称は「ビッグスワン」だが現在は用いない)が設けられている。
計18回の障害飛越は日本の障害競走の中では最多となっている。
なお、京都ジャンプステークスでは最後の直線コースに可動式の置き障害を設置するが、この競走では使用しない。


2009年より開催時期を11月中旬から5月中旬に移動することとなった。


競馬予想
競馬予想 無料
競馬予想 無料 ゲーム

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
フリーエリア
プロフィール
HN:
競馬予想 無料 京都ハイジャンプ
性別:
非公開
趣味:
競馬予想
自己紹介:
競馬予想 無料 京都ハイジャンプ ブログは歴史や優勝馬、レースデータ分析の情報を公開中!
バーコード
ブログ内検索
P R

Copyright © 競馬予想 無料【京都ハイジャンプ】Jpn・GII~競馬予想データCLUB~ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]